夢見た桜

芝村 :ここは宰相府の春の園だ

つづみ :「わぁ・・・初めて来たけど、きれいな所だね・・・」(ヤガミの方を見ます)

つづみ :Q:一緒にいます、よね(汗)

芝村 :Bヤガミは花を見ている

Bヤガミ:「どうした?」

つづみ :「ううん、好きな花とかあった?」(笑いかけます)

Bヤガミ:「桜を夢見た」

つづみ :Q:どんな花が咲いているんでしょう?

芝村 :ここは桜ばかりだね

芝村 :もっと奥にいけば、べつのもある。蓮華とか

つづみ :#分りました。

つづみ :「桜が好きなの?」(桜を見上げます)

Bヤガミ:「……少し」

つづみ :「じゃあ、しばらくここにいようか?」(ヤガミに笑いかけます)

Bヤガミ:「この先で、人が死ぬ」

つづみ :「助けなきゃ?!どこ?!」(見渡します)

Bヤガミ:「1週間くらい先だ」

つづみ :「一週間先の事が分るの?」

Bヤガミ:「夢で見た」

つづみ :「・・・人が死ぬのはここ?」(体が震えてます)

Bヤガミ:「ああ」

芝村 :Bヤガミは貴方を見ている

つづみ :「・・・誰が死ぬのかは、分るの?」(顔色が悪いです)

つづみ :(ヤガミの顔を見ています)

芝村 :Bヤガミは貴方の頬に触れた。

Bヤガミ:「女だ。それ以上はわからない」

つづみ :「ありがとう・・・」(頬に触れた手に手を添えます)

つづみ :「ヤガミ・・・その人を助ける事・・・・・・出来る・・・?」

Bヤガミ:「出来るかもしれない」

つづみ :「・・・・・・」

芝村 :Bヤガミは貴方を見ている。

芝村 :Bヤガミは貴方にキスした。

つづみ :(ヤガミにしがみつきます)

つづみ :「・・・・・・もし、もしも出来るのなら・・・その人を助けてあげて・・・」

Bヤガミ:「分かった」

つづみ :(ヤガミに抱きついたまま)「・・・ありがとう。・・・でも無理しないで・・・」

Bヤガミ:「問題ない」

つづみ :「その人も心配だけど・・・・・・私にとって一番大事なのは・・・ヤガミだから」

Bヤガミ:「分かった」

芝村 :Bヤガミは貴方を抱きしめた。

つづみ :「人を助けるのと、引き換えにヤガミに何かあったら・・・」(腕に力を込めます)

芝村 :桜の木の下で抱き合ってる

つづみ :#あの・・・他に誰もいないですよね(汗)

芝村 :いや。そんなことはないよ

つづみ :#orz

芝村 :遠くで、貴方がたを見てる

つづみ :#無視してください(涙)周りの皆さんorz

芝村 :Bヤガミは貴方の尻に触れている。

つづみ :「ここじゃ、だめー!」(小声で)

つづみ :「外でしていいのは、ぎゅーまで!」(あわあわしながら小声で)

つづみ :「家の中だったら、何してもいいから!」(やっぱり小声です)

Bヤガミ:「家に戻るか?」

つづみ :#なぜそうなるorz

つづみ :(顔真っ赤)「家に帰りたい?」

Bヤガミ:「……お前の色々な表情が見たい」

つづみ :「・・・・・・じゃあ、帰ろうか」(真っ赤です)

つづみ :#負けたorz

Bヤガミ:「わかった」

つづみ :「うん」(真っ赤になりながら、ぎゅーします)

芝村 :Bヤガミは、初めて少し微笑んだ。

Bヤガミ:「こういうときは、なんと言えばいい?」

つづみ :「・・・私も分からない」(ヤガミの顔を見ます)

芝村 :Bヤガミは貴方にキスした

つづみ :「・・・でも、言いたい事は、わ、分ったから」(真っ赤です)

芝村 :Bヤガミはキスした。

つづみ :「外でのキスは今日だけだからね」(ヤガミにキスを返します)

Bヤガミ:「分かった」

つづみ :「キスも、家の中だけ」(真っ赤になりつつ、キスします)

芝村 :Bヤガミは微笑んだ。

芝村 :うなずいた。

   /*/

芝村 :はい。お疲れ様でした。
つづみ :ありがとうございましたorz
つづみ :デートで何か変わるかなぁと思いましたが、変わりませんでした(汗)
芝村 :いや、だいぶ変わったよ
芝村 :ついでにデートチケット一枚を掃除でみつけた
つづみ :あれれ?私が気が付かなかっただけですか?<だいぶ変わった
つづみ :デートチケットは助かりました。ありがとうございます。
芝村 :いえ。というか、Bヤ、収入少ないけど金持ちだから
つづみ :へ?<金持ち
つづみ :一体どこで稼いで!
芝村 :消費がないんだよ
芝村 :たまる一方
つづみ :あ、寝てばっかりですもんね・・・orz
つづみ :でも、収入って・・・?
芝村 :最低収入は宰相府から出てる
つづみ :あ、そうだったんですか。<宰相府
つづみ :(仕事していない子には出ないのかと思ってました(苦笑)
芝村 :ははは。仕事しそうだね。でも

芝村 がシェイクを送信しました。

芝村 :ISSに入るよ
つづみ :スカウトか何かですか?<ISSに入る
芝村 :貴方がいったから
つづみ :あ
つづみ :無理だけはしないで~(涙)
つづみ :あの、他のACEと喧嘩しませんか?
芝村 :評価は+2+2でした。
芝村 :ええないよ>喧嘩
つづみ :はい、ありがとうございます。
つづみ :よかった~<喧嘩
芝村 :あと、Bヤガミってデータでてた?
つづみ :はい。出ています。
芝村 :良かった。
芝村 :秘宝館には2・2で依頼出来ます。
芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でした。
つづみ :はい。ありがとうございました。
つづみ :あ、それから、少し質問が。
芝村 :ええ
芝村 :どうぞ
つづみ :Q:Bヤガミの夢なんですが、あれはドラッガーの予知夢をつかったのでしょうか?
      一週間後にゲームのお願いというのは、無理ですよね・・・(汗)
芝村 :そだね。予知夢だ。
芝村 :1週間後?
芝村 :残念ながら昼しかあいてない
つづみ :はい。予知夢でみた日にちにゲームできないかと。
つづみ :7日は・・・仕事でしたorz
つづみ :無理ですね(涙)舞踏子なので、一緒だったらBヤガミの評価値が少しでも
    上がるかと思ったんですが・・・。
芝村 :ああ。たしかにそうだね。
つづみ :(ううう・・・入学式が憎い)長々とすみませんでした。これで失礼いたします。
つづみ :ありがとうございました。では、お邪魔しました。
芝村 :まあ、死ぬときは死ぬさ。あまり気にしない
つづみ :気にしますーーーーーーーー!!!!!(涙)